できごと。

«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 |...| 35 | 36 | 37 || Next»

もわもわ。

20100929

録画用サーバ構築が作業開始3日目にしてようやく終わり、さぁやっと自分のゲーム用パソコンに取りかかれると喜んだ矢先。

パソコンが煙を噴きました・・。ひぃぃ、やめちくれぇ。

え~っと。

3Dゲームを快適に動かせる様、新しいグラフィックカードを購入しました。
SAPPHIRE製 Radeon HD 5850。私、なんだかずっと、Radeon派です。

今まで使っていたRadeon HD 4770を外してHD5850に付け替えて。
パソコンのケースは蓋を開けたまま、「さぁ、パソコンに火を入れよう」とPOWERボタンをポチッ。
黒い画面に白い文字が走り、私の操作に従ってパソコンはBIOS画面へ切り替わる。
ハードディスクも取り替えたので、パソコンがそれをちゃんと認識してるっかな?と確認を・・。

すると。

Pi !

電子音と共にパソコンが落ちました。「えっ!!」と思わず声を出してしまった私。真夜中なのにね。
でも内心嫌ぁ~な感じを受けていました。バイオス画面でパソコンが落ちるなんて事、今まで経験した事ありませんですもん。

果たして不安は的中。POWERボタンを押してもパソコンが起動しません。何度押したって、うんともすんとも言わない。マザーボードのLEDランプは点灯しているので、回路を電流が流れている事は間違いないのに。ん~ん困った・・。

そして、試みたのは電力完全シャットダウン。コンセントから電源プラグを抜いて、パソコンから電気を完全に除いてみます。3分位待ってみて、そして改めてPOWERスイッチをポチ。

そしたら、フォ~ンと冷却用ファンが回り始めました。やったね!! モニタも起動画面が表示。ホッと一息ついた私でした。

その次の瞬間。ブチブチブチという嫌な音と共に、取り替えたばかりのグラフィックカードから煙が出てきました。
慌てて私はパソコンの電源ユニットにあるスイッチを切りました。
放っておいたら火が出ていたかもしれません。こんな事って初めてです。

その後。パソコンの方は、煙を吹いたHD5850を焦げくさい臭いと一緒にパッケージへと戻し、元のHD4770を再度取り付けておきました。
仕方ないけど、HD4770で3Dゲームを起動。そこそこの環境でゲームを遊びました。

──後日。ショップへ行き初期不良扱いで新品に交換して貰い、再度HD4770と交換。今は普通にHD5850を使って遊んでいます。

なかなか出来ない、ふたたび出会いたくはない、貴重なドキドキひやひやな体験でした・・。

電子機器 on Ephemeral Noteより

御徒町・秋葉原へお買い物

20100929

以前は通勤用の定期券を使って気楽に立ち寄れた場所だったのにね。秋葉原と御徒町。

秋葉原は言わずと知れたパソコンパーツのお買い物が楽しい街。
御徒町は自転車ショップやスポーツショップが充実した街。

職場が転居しちゃって、ここに来るには交通費が自腹。そんなものだから、一度に多くの用事を済ませられる様、目的をしっかり決めて来ています。

めんど~いっ!

ちなみに今回のお買い物は、
・オペレーションシステムソフト Microsoft 「Windows 7 Professional アップグレード版」
・ハードディスクドライブ WESTERN DIGITAL 「WD20EARS 667GBプラッタ版」
・グラフィックカード ATI 「Radeon HD5850」
・ロードバイク用ハンドルバーテープ

しっかり全部買ってきました。小売りもやってる卸商とクレバリーとソフマップとY's Roadで。

15時に家を出て、帰ってきたのは21時過ぎでございました。

いやぁ、歩いた歩いた。購入したお店は4店舗だけど、立ち寄ったお店は両手じゃ数えられません。秋葉原の東側(ヨドバシカメラ)と西側(電気街)を2往復もしちゃったし。
一度は覚えた価格がすぽーんと消えちゃって、それを覚え直しにヨドバシへ舞い戻るという失態を犯してしまったもので。メモすれば良かったんだろうけどね。

充実! そして満足!

日常生活 on Ephemeral Noteより

YS-11で大冒険。

20100830

8/29(日)、千葉の新松戸での演劇練習が終わったお昼過ぎ。

仲間が新松戸駅へと帰っていくのを見送りつつ、私は反対方向へとスタートしました。折りたたみ自転車のYS-11に乗って。

目指すは、家方面のどっかの駅です!(適当)
少しでも交通費が安く済むなら良いではないですか。ねぇ。

自宅から最寄駅、そして新松戸駅から練習場所、それぞれ歩けばたかだか20分の距離ですが、引きこもりがちなYS-11を運動させる為に、外へ持ち出しては使っています。

ですが、自転車を趣味にしてないごく普通の人には、「そんな短い距離にいちいち折りたたみ自転車を持ってくるか?」みたいに受け取られる事もある様で。
一度は「持ち出すのやめるかな」とも思ったんだけど、なんだか悔しいので、逆に、距離を乗ってその有効性を実証してやるっと思っちゃったのが29日なのでした。

とは言え、パンク修理用具などは持ってきていません。不安要素もあるので、何かあったら電車で帰れる様にと武蔵野線沿線を走る事にしました。

ほどなくして、新松戸駅のとなりである、南流山駅へと続く交差点を通過。

千葉側から江戸川を望む。JR武蔵野線の陸橋向こうには三郷駅

その次は江戸川のすぐ脇にある三郷駅。自転車チームの人達と江戸川サイクリングロードで練習する時は、私、ここを利用しています。

新三郷駅前の大型家具店IKEA。家具がいっぱい夢いっぱい。レジ前の大倉庫は大迫力!

さらに進んで新三郷駅では、今の住まいに引っ越してきた後、この駅の前にある大型家具店のIKEAでどっしりとした棚を購入しましたっけ。

吉川駅手前、自転車歩行者専用迂回道。小さな水路を跨ぎます。有効期限8月迄

このIKEA前の道をひた走れば次の駅の吉川に着くのですが、途中を工事していて真っ直ぐには進めませんでした。
ちょうど案内が出ていたので、それに合わせて住宅街にそれてちょちょいと遠回りをします。

吉川駅が見えてきた

そして着いたのは、プラネタリウムのある吉川市児童館ワンダーランドへ星を見に行った時に利用した吉川駅です。南口ではお歳を召した男女5人の方がコーラスで歌ってらっしゃいました。

「保(ほ)」交差点。交差点名のプレートに、括弧でよみがな付いてるのって初めて見たよ!

さてここで。
線路沿いを走るコースは行く手を一級河川の中川に阻まれてしまうので、三郷から走ってきた線路南側の道路を外れ、北側の道路へ移りまして、先へと進みます。

越谷レイクタウン。ここは車の渋滞がすごかった!

川を渡り、やがて見えてきたのは川越レイクタウン駅です。
2008年スタートだから、できたてホヤホヤとはそろそろ言えなくなってきた・・かな? 大きなショッピングモールは、いや、ホンっトに大きいです。どうゆう奥行きしてるのよ。

越谷レイクタウン北側から越谷へ向かって延びる直線。果て見えぬ直線に、人来てたのも構わず「うへぇ」って声漏らしちゃったぃ

さてここでPart2。
このまま武蔵野線沿いをゆけば、新越谷・東川口と続くのですが、比較的まっすぐに進める道がありません。曲がり角が多いと自分が何処を走っているのか判らなくなって、疲れるだろうし時間もかかるだろうし。ここまでの行程で、YS-11もパンクせず安定して走ってきました。
そこで、ここからは知っている道へと向かって進む事にしました。
越谷市の中心部にある東武線越谷駅へ出て、そこから国道463号を使い、さいたま市(元 住まい)の街を目指します。そこまで行けば、後は勝手知ったる庭の道ですから。

越谷駅。コンビニで地図見てやっと着いたぁ

その越谷駅へ向かうのに、ちょっと一苦労をしてしまいました。
どこまで続くんだ!?ってな直線の長い道路をひた走り、東武伊勢崎線を過ぎて斜めの道へ入ったものだから方向感覚を失って。水分補給に立ち寄ったコンビニで、ついでに地図を確認させて貰いました。

国道4号線。左に行けば上野駅、右に行けば筑波サーキット、っていう私の認識

日光街道 大門宿の跡。そう言えば一昨年は中山道を日本橋から浦和宿まで歩いたりしましたっけねぇ

東北自動車道を跨ぐ交差点。いよいよここから知ってる道に

本太坂下交差点。升の字っぽい作りで横断歩道を渡るのが大変

振り返ってみたら北浦和駅。この駅前通を突っ走って荒川を超えれば、おウチまでアトちょっと

でも、越谷から先はもう大丈夫でしたね。ここまで来るのに2時間半。初めて走る道は私の冒険心を満たし、疲労の蓄積や時間の経過を忘れさせてくれました。
JR東北線の北浦和駅を背にして埼玉大学通りを走り、JR埼京線の南与野駅でリタイア。ここでYS-11との大冒険は幕を閉じました。

今回の旅の終着点、になっちゃった南与野駅。ここも以前は通勤に利用していた私

・・照れ(>_<)

この通りにある私行きつけの自転車屋さんで、空気入れを借りてタイヤに空気を補充したんです。
ついでに涼ませていただいて、17時半入店したのに気がついたら20時でした。
お店を後にしてちょっと走ったら、真っ直ぐ走ってるのにず~りずりと後輪が滑りました。自転車を降りてタイヤを押してみると、後ろタイヤがペコペコ。「へっ?」空気入れたのに??

良くよく見てみたら、空気を入れるバルブのねじ込みが緩んでました。改めて締め直すとタイヤに張りが戻ってきます。パンクではないみたいですね。とは言っても、抜けた空気は戻ってきません。
てな訳で、不幸中の幸い、正に目の前にある南与野駅でYS-11は輪行袋に収められ、電車で連れて帰られたのでした。

あとちょっとだったのにね、新松戸からおウチまでの完全走破。ん~、残念。


より大きな地図で 20100829新松戸-南与野 を表示

趣味/自転車 on Ephemeral Noteより

要用心。熱中症にご注意を。

20100817

夏バテから一夜明けた15日。無性に走りたくなった私、ロードバイクで家を出たのは朝の8時でした。
朝食は、途中のコンビニ/セブンイレブンに立ち寄って購入した、ちっちゃなチョコブレッド一斤。一緒に買ったポカリスエット500mlは、持ってきていた空のボトルに詰め替えました。
目的地は物見山。大東文化大学の東松山キャンパスがある場所です。ウチから距離にして35km。まぁ、1時間ちょっとでひょいと行ける距離なのですが・・。

自然を甘く見ていました。

朝8時はまだ早い方だから本格的に暑くなる前に戻ってこれるだろう、という生半可な見立て。肌に塗る事への抵抗感から日焼け止めを塗らず、朝食はしっかり摂らずに先述の通りのちっちゃなパンのみでした。

9時にもなれば体力を奪うには充分に気温は暑く、太陽は頭上高く昇っていて容赦なく紫外線を降らせます。そして早々に消耗した身体は、行程もまだ半ばでしかないのにエネルギー切れを訴えかけてくる始末。

目的地に着いた時は、ほんの少しとは言え頭痛を感じていました。熱中症一歩手前ですね。
ホントはこの山のアップダウンを使って坂道特訓をする予定だったのだけど、1時間を超えて滞在しておいて50分を休憩に使い、走ったのは20分だけ。

帰路は帰路で、日を遮る物のない田畑を突っ切る道路を、12時なんていう太陽光線真っ盛りの下、走りました。

この時期は、ナメてはいけませんね。
家を出るなら6時半がベストかな。日焼け防止クリームは目的地まで持って行って、朝ごはんも量をしっかり摂るべきでした。

次回再挑戦!

日常生活 on Ephemeral Noteより

筑波10耐 2010

20100810

ふくらはぎが痛くて重いです・・。もみ返しでしょうか筋肉痛でしょうか。厚みのある重たい剣山をふくらはぎに巻きつけてるみたい。
。筋肉痛だとしたら、正しく足を使えていなかった証拠だから嫌だなぁ。

8/8(日)。筑波サーキットの1周2.05kmを、10時間に何周回れるかという自転車のレースに参加してきました。
「全日本10時間耐久サイクリング IN つくば」──春夏秋に開催される筑波8耐とは違う、JCA(日本サイクリング協会)が主催のレースイベントです。

とは言っても、参加する私にとっては何ら変わるところがないのですけどね。場所もやる事も。
10時間や8時間と名の付く耐久レースですが、レース自体は申込時に始まり、耐久は未明から始まります。

スタート位置が申込み受付順で決まるので、良い位置からスタートしたいチームは早く申込みをしなければならないのです。

そして、レース当日。起床から既にレースは始まっています。即ち場所取り競争です。テントを設置する場所を確保する為に、早くサーキットに到着しなければいけないのです。
筑波、遠いから、私たち、朝2時半起床・・。

私が参加している自転車チーム、今年はあさりが当番という訳で、申込みも当日受付も私たちが担当しています。
来年になれば、もう少し慌しくはなくなる、はず。

──と、いつものレースの日記とは、ちょっと違う視点で日記を書いてみました。

レース内容の方は、私たちのチームにしては、なかなかなものでございましたよ?
RM(ロードMen)という厳しいカテゴリーの中で、途中まで40位以内にいましたから。
ちょっと最後にね、最終ランナーのTくんがコケちゃった。Tくん、とてもショックを受けてました・・。でも、大事には至りませんでした。
ここには楽しみに来てるのに、それが悲しみになっちゃったら悲しいもんね。良かった良かった。

趣味/自転車 on Ephemeral Noteより

あれもしたい。これもしたい。

20100804

欲張って「あれもしたい、これもしたい」と色々手をつけていたら、結構がっちがちなスケジュールになってしまいました。

11月まで予定が入っちゃいました。

8/8は私、筑波サーキットで自転車耐久10時間レースです。あさりは今回、体調の様子見で辞退です。会場には来ると思うけど。
昨年は、12時間で夜22時スタート、夜明けを跨いでのレースだったのだけど、今年はレース時間が2時間減った上に真夏の昼下がりを延々走る事になりました。昨年のレース後、帰宅途中に事故を起こした人がいたからなのでしょうか。開催側も頭を悩ませるところですね。
今年の参加者にとっては、日焼けと体力消耗が怖いですね。今でさえ、先日7/17の筑波8耐で日焼けして、私の太ももはマレーバクの様に白黒すっぱりしています。

8/9の週は、私、お仕事で一大業務です。サーバの入れ替え作業なんです。
今サービスを提供しているサーバは型が極めて古く、いつ止まるとも知れないので、夏休みで社内に人が少ないこのタイミングでソフトやデータを新しいサーバに移し変えます。
今回、初めて仮想環境なるものを利用しますよ。無事に末永く、今後のサービス提供をし続けて欲しいものです。

一方、あさりはお星様を見に、お盆休みは福島の天文台へ遊びに行く計画です。
そのあさり、9/6(月)-11(土)にかけて、オーストラリアのエアーズロックへ星を見に行く予定となってます。「天文ジャーナリストの大野先生と南半球星空観測ツアーinエアーズロック」ツアー。これね。
都市の光害の心配は全くなさそう。すごい空なんだろうなぁ・・。

10/16は、秋の筑波8耐です。この秋は、春・夏と続いた筑波耐久自転車レースシリーズの締めくくりとなります。
春・夏ではラレーCLBで出場した私ですが、この秋8耐はロードバイクで行きます。コルナゴArte、久しぶりの8耐でヘソ曲げていなければいいけれど・・。
あと、総合で100位以内に入れたらいいなぁ。
カテゴリー別では・・、う~ん、まぁ入賞は無理!でしょう。秋の8耐は(も)、あさりが出場しません。つまり、男性ONLYチームの扱いとなります。さらに、私もロードバイクとなると、男性ONLYロードバイク部門のカテゴリで参加となる訳ですが・・。強いもんね周りの人達。特に筑波8耐は、他のレースと比べて、実力ある人達が多く出てくるレースですしね。勝てる気が全くしません。
じゃぁ「なぜレースに出るのか?」 もちろん「競いたいから出場する」のです(^-^)b

11月は演劇公演が控えています。当劇団では4年半となる公演、私にとっては5年ぶりの出演となります。随分経ったのね・・。
現在は開いた休みを使って練習中です。ようやく立ち稽古に移ってきたかな、ってところです。舞台への出入り場所やタイミングをまだ台本が手放せません。
ウチの劇団、専用の練習場所を持っていないから、大きな声を出したりどたばたする練習がなかなか出来ないのが厳しいですねぇ。
9月には劇団員のみんなで施設に宿泊して合宿しようというお話になっています。前は葛飾区にあった水元青年の家で合宿してました。懐かしいな。合宿、今から楽しみです。・・いや、まぁ、遊ぶ為の合宿ではないのですけど。

さっ! 夏バテに負けない様に、気合い入れて遊ぶぞっ。

日常生活 on Ephemeral Noteより

夏の筑波8耐 2010

20100726

サーキットを疾走するロードバイク

筑波8耐 夏。筑波サーキット一周2.045kmを8時間で何周回れるかを競う自転車競技に、春に引き続いて再び参加してきました。チームのみなさん、いつもお世話になります。

そして結果は──総合100位には入れませんでした。さすがに筑波8耐はレベルが高いや。
一方、カテゴリ別ではなんとか入賞。楯を頂きました。

私、今回はなんと、スタートもアンカーも担いました。「そんな重要な役、なんで両方とも任しちゃうかなぁ」って思いましたけども、本人もそこそこ乗り気だったので楽しくやらせて頂きました!

では、ここからは「ですます調」をやめて、臨場感を高めてみましょう。
高まるといいな。
どだろ?

──筑波8耐は、申込順でスターティンググリッド(スタートする位置)がほぼ決定する。ル・マン式のスタート法だからだ。
300数チーム中200番台なウチのチームは、かなり後方からのスタートだ。真っ先に先頭集団へと絡まなければ、ウチの様な弱小チームは勝負に勝つ事ができない。私は、スタート直後にどの様に前へ出るかを色々と思案した。

そして11時。スタートシグナルが青に変わる。300数台の自転車が、皆一斉にコースへ飛び出す。

私の焦りは、しかし杞憂に終わった。
前が遅い。先頭を誘導するオートバイが後続の進行を妨げているのかな? ライダー達はバラける事なく集団のままコースを進んでゆく。まるでローリングスタートの様だ。筑波のレースは今までずっとル・マン式だったと思ったけど?
私は、人ごみを避けた大回りのルートを取って、順調に順位を上げてゆく。

先頭集団に追いついたは良いが、むしろ、コーナーが混み合ってて危なっかしい。前後左右まったく余裕が無い。
サーキットを駆ける自転車は、そこそこのスピードで車体を傾けながらコーナーを攻める。バランスを崩すイコール多くのライダーを巻き込んだ大惨事になりかねない。

春のレースよりも3周多く走った私。体力的には少し余裕があった。けど、大集団の中は精神的に疲れた・・。

あさり。(実は春8耐の写真)

中盤。暑さ・風との我慢比べ。テントで休むも飲む水はぬるく汗はひかない。日なたに居ようものなら、じんわりと体力を奪われて疲労してゆく。
作戦として、ライダーの交代回数を減らしてピットイン時のロスタイムを削ろうと試みた。大会規定は16回以上。当チームは今回20回だった。まだ4回削る事ができる。でも、春筑波が24回だったから進歩はしてる。

タイムアップの30分前の18:30が近づく。これ以降のライダーチェンジはできない。18:30がアンカーにバトンタッチするリミットタイムだ。
アンカーは最低30分をひたすら走り続ける事になる。もちろん、勝利を目指すチームは、ここにチーム最速のライダーを投入する。

──のだけど。LOOKやPinallero、Spesializedのロードバイクのオーナーらを差し置いて、普段はアルミのフェンダーを前後に付けてて、重いクロモリ鋼で出来てて、フラットバーハンドルでVブレーキなラレークラブスポーツを駆る私に、そのアンカーが託された。
でも、ウチのチームは勝利を捨てた選択ではない。断じて。

クラス順位でウチの前を走るチームとは2周差を開けられてた。これは残り30分ではとてもひっくり返せない。
むしろ後ろのチームとの差が厳しかった。28秒差。充分逆転されてしまう可能性ありだ。それは何とか阻止したい。逃げ切ってみせる。

17:30頃から交代順が調整されて、私は充分な休養時間を戴いた。
でも・・緊張しちゃって、座ってられない。何度もトイレに行ったり、順位表を確認しに行ったり、ピットに行ったりして、テントでじっとしている事なんて出来やしなかった。
そして。直前の20分を走ったあさりがピットに戻ってきた。
私は、あさりから計測タグを引き継ぎ、ついに8時間を締める最後のライディングへとピットを飛び出した。

──結果。総合順位では、残念ながら100位内に入る事はできなかった。いつにも増して、体調は万全だったのにな・・。
カテゴリ別では、なんとか表彰圏内(10位内)に留まる事ができた。28秒差をひっくり返される事なく、ね。

いやぁ・・最後は必死。もぉ~必死。
一周目からいきなり左太ももがツりました。走りながら、足の回転を止めては揉んだり叩いたりしてたらなんとか治ったのだけど。
すぐに左ふくらはぎがツって、右太もも、右ふくらはぎもツって、左太ももも硬直がぶり返してきて。
左右の上腕筋もびびっと痛みが走り・・。これはまぁ、空気抵抗を下げる為に上体を低くしながらフラットバーハンドルを握ってた所為ですね。
今回は地元のチームとして筑波に参加していた、しかもたまたまアンカーとして出走してた、ウチのチームのリーダーYさんが横で一緒に走ってなかったら・・、正直なとこ、くじけてたかもしれない。マジ痛かったもの。
私を最後まで動かしたのは、
「順位下がってたまるか!」って意地よりも「Yさんにみっともないとこ見せられるかっ」って見栄の方が強かったのでした/(>_<)\

良い経験をさせていただきました。特にアンカー。思いを引き継ぐって事をここまで意識したのは久しぶりでした。

私とTくんのどちらかがアンカーを担当する、という話になっていた夕方。「初めての経験だからやってみよう」って事でTくんにアンカーを任せる話にしていたのです。本人もそこそこ乗り気でした。
だけど、ゴールの時間が近づいて順位が次第に確定してくる中で、先に挙げた通り競り合いの様相が見えてくると、勝つ為に、Tくんは私にアンカーの交代を依頼してきました。ちょっと涙ぐみながら。
根がしっかりしてて素直なTくんですから、このアンカーの譲り渡しはプレッシャーに負けただけの逃げな感情だけではなかったと思います。あの、うるっと来てた瞳は、きっと走りたかったんだろうなぁって思う・・。

今後のTくんの飛躍に期待です。休日は自転車乗って練習して、一緒に力をつけていきたいと思います。もちろん私だって負けません。
多分・・。

だって、Tくん私より一回りも若いしっ!

趣味/自転車 on Ephemeral Noteより

三宅島エコライド2010に行ってきたよ。

20100710

昨年10月に引き続き、7/1に三宅島へと出発したあさりと私。2~4日の3日間で島走してきました。

信号がほとんど無くて車も少ない。一周30kmちょっとでアップダウンに恵まれてる。ロードバイクで走るには絶好の環境です。2週間前にはツール・ド・ジャパンも開催されてたって言うし。こんな機会、見逃すなんて勿体無い!

お買い物をすれば、大噴火以後も大変な思いをされている三宅の方々に貢献できますしね。・・まさかパンツを買う事になるとは予想もしてませんでしたけど(苦笑い)。

という訳で。これは、「三宅島エコライド 2010」──企業ではなくて有志の方々が企画運営していらっしゃる島興しの自転車イベントに参加してきた日記です。自転車チームの5人が今回は参加します。私やあさりは今回2回目の参加でした。

木曜、定時に会社をあがって芝浦ふ頭まで輪行。そこからは船で。翌朝には三宅島に到着です。金曜はお休みを取りました。
土曜がメインイベントの日で翌日曜日のお昼に三宅島を発ちます。家に着くのは日曜の夜11時くらいですね。翌日の出社が辛そ。

三宅の一日目はお昼から始まります。朝は船旅の疲れを癒すべく布団の中ですから。
遅れて明日やってくる2人を差し置いて、あさりと私ともう一人、Tくんの3人で、島を早速一周してきました。良いお天気!自転車日よりでした。途中で、給水やトイレ、神社や野鳥観測所などに寄り道しつつのノンビリライドを楽しみました。
Tくんは初めての三宅島でしたしね、がしがし走るのはみんなが揃う翌日に回しちゃいます。芯はしっかりしてるけど人当たりの優しいTくん。ウチらに気を遣ってたみたいだけど、楽しめたかな?

土曜。早朝5時に第二陣が到着・・してる最中、私はぐっすり夢の中。7時、朝食時に顔合わせです。
そして11時からは、メインイベントの「マスライド」。みんなが島に持ち込んだ、思い思いの自転車に乗って、10数キロの道を走ります。スタッフの方が言うには、参加者の半分近くが女性で、そんな自転車イベントはあんまり無いんだそうな。ゆったりわいわい。ひろびろのんびり。お子様方がとびきり元気でした。
道路を走るにしても、島の方々やボランティアの人達が交通整理や応援をしてくださるので、安心だし楽しい!
ちょっとお天気が心配だったけど、大きな雨に降られずにマスライドをクリアしました。

そして。我らが自転車チームはマスライドだけに終わらないんですねぇ。もちろん「島一周しよう」となります。島の5箇所を巡ってのスタンプラリーも残ってましたしね。
お昼ご飯を食べがてらの島一周。ところが~。
ざざぁっと降って参りました。雨です。
こうなると私は気が滅入っちゃうのですが、あさりは違います。「走る」と決めたらとことん走るのです。チームのみんなもその辺りは一緒。ま、三宅に何しに来たかって、走りに来たんですしね。
雨の三宅を肌で感じながら走る機会も、そうそうないでしょう。スタンプを集めつつ、お昼ご飯をいただきつつ、ぐるり一周して来ました。
楽しかったのは言わずもがなです! 途中でTくんが独りはぐれて迷子になりかけた処を、私が探しに行ったり、なんてハプニングもありましたしね。

一夜が明けて日曜日。
前夜のとてつもない嵐が嘘の様に、からっと晴れた空が広がっていました。
朝、船に積む為に自転車を袋詰めしようとして・・私愕然!!
チェーンが黄色い!
見ると、黄土色の土がチェーンやギアにびっしりとこびり付いています。土じゃなくて錆なのですけどね。一方、あさりの自転車はほとんど変化がありません。さすが高級車・・。
チームのみんなで「前日の雨降りライドの汚れを落としてから袋に入れよう」という話になって、宿の広いお庭をお借りした自転車分解掃除が始まりました。道具を借りたり貸したりなんかしてね。一方では、ホイールを丸ごとじゃぶじゃぶと水洗いしてたり。共同作業もあれはあれで面白い時間だったなぁ。

海を見ながらガリガリくんを食す

と、普段では味わえない時間を、三宅の島で体験してきたえふぇめらでした。

趣味/自転車 on Ephemeral Noteより

ファイナルファンタジーオンラインに至る壁

20100630

FFXIVベンチマークが出ていたので、自分のPCで試してみました。
結果──目も当てられない。FFXIは快適に動くのにね。

最初に試したのはSONY VAIO Sです。LOWで131でした。画像は左下グラフしか表示されず、真っ暗な画面のまま音だけが流れます。さみしい事この上ない。

この結果に愕然となりつつ、「昨年作ったばかりの自作PCならば、そこそこ快適に動いてくれるはず」と期待して望んだその自作PCでは──

LOWで2300。「うーん・・」と唸るしかありません。

「これはあれかな、Radeonドライバが古いから遅いのかもしれない」と考えた私は、最新のドライバに更新してから再度挑戦。
LOWで2600。「うーん・・」

「少しは効果があった」と納得しておきます。どうせまだFFXIVで遊べる訳ではないのです。開発チームも「もう少し処理を軽くする方向性で進む」としている様なので、私はそれを待つとします。

その後。FFXIのヴァナ・ディールへと赴きました。裏世界での活動です。
ヴァナに着いたは良いのですが、目に映るのは、かくかくと動く、風景や人、世界。
以前の日記にも書いたのですが、Radeonの最新ドライバでは、FFXI、まともに動いてくれません。

その日記を書いた時期からは随分経ちましたから「直ってるかなぁ」と期待をしていたのですが、空振りでした。
結局、Radeonドライバは最新版を削除してVersion9.4に戻しました。
ま、これで良い。快適快適。

電子機器 on Ephemeral Noteより

インドネシアのお酒 アラック

20100612

埼玉県浦和駅東口のパルコ5階に、インドネシア料理SuraBaya(スラバヤ)というお店があります。
以前はココ、月に1度くらいのペースでよく行ってたんです。
和・洋・中のどれでもないインドネシア料理。いつもの食事とはちょっと気分を変えたいならココ!っていう感じでした。

で。ここで飲めるお酒「アラック」が、また良いんだな♪

ショットグラスに入れた時にふわっと香る、ココナッツのあま~い香り。口の中で広がるまろやかな甘み。タルさを感じさせずキュっと引き締めるスピリッツ。

いやぁ、気をつけないとヒョクヒョク入っていっちゃいます。
気をつけないとね、これ、アルコール度数33%だし。
わたし、お酒が薄まるのって嫌なので、ストレートで飲んでるし。

スラバヤで食べる時にはかならずアラックをボトルで注文してインドネシア料理と一緒に味を楽しんでは、残った分をお家に持って帰っていました。
そのお家ではというと、寝る前のあさりの一杯として、大変に重宝したものです。(気がついたらわたしの分が無いのよ!これが!!)

という事で、これ、あさりも大のお気に入りなのです。

でも、今年に入ってお引っ越しをしたので、スラバヤに行く事もなくなってしまいました。

だから。たまたま浦和に行く用事があったあさり、お昼にスラバヤに寄ったあげく、アラック2本も買って来ちゃった! うひゃぁ!!

日常生活 on Ephemeral Noteより
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 |...| 35 | 36 | 37 || Next»