できごと。

«Prev || 1 || Next»

金環日食 撮影

20120531

5/21。待ちに待った金環日食の日。

実は私、そこまで期待はしてなかった。
待ちに待ってたのは相方のあさり。私は「珍しい天体ショー。見る事ができればラッキー♪ 見られなかったらそれはそれで。」というスタンスでした。

でもすみません。会社を休んでまで見ただけの価値、ありました!
お天気に恵まれ、一生にあるかないかの貴重な体験ができて、嬉しかったです。

用意周到に準備を進めていたあさり。望遠鏡に一眼レフデジカメを取り付けての初めての撮影にチャレンジする模様。思い切って赤道儀も購入し、端から見てもその意気込みが伝わってきます。
一方、私は荷物運び兼運転手のつもりで行動してました。
地球の自転に合わせて望遠鏡を動かしてくれる赤道儀ですが・・まぁ、その重い事と言ったら・・。あさり、よくこんな20kgもある重い物を持ち運びしてたなぁ。

当日は5時に起きて、望遠鏡 大小2台を車に詰め込み、事前に下見をしておいた川越は伊佐沼の公園へと向かいました。我々が着いた時には、だぁ~れもいませんでした。
──平日。天気も微妙。となると、あまり今回の天体ショーを見ようと動いてる人は少ないのかなぁ、なんて思いました。物好きなのはウチらだけ??

実は単に我々の行動が早かっただけだったんですけどね。

大きな望遠鏡はあさりの担当。望遠鏡にカメラを取り付けて、赤道儀の設定や定時撮影を試みていました。
一方わたしは、小さな望遠鏡で太陽観察。ついでに、コンパクトカメラをこの望遠鏡の接眼レンズに近づけて、なんとか撮影を試みてみました。

なかなか望遠鏡とカメラレンズとの中心軸が合ってくれないんですよねぇ。それに、望遠鏡とカメラが離れすぎると、望遠鏡の対物レンズが鏡の様にカメラを写し込んじゃう。そうこう格闘していると今度は、地球の自転によって太陽と月は望遠鏡の視界から早々に逃げてしまうし。シャッターを押した瞬間に、軸がずれて綺麗に撮影できない・・。

指先ぷるぷる緊張ものでした。

まぁ、大きな望遠鏡で写した写真は、あさりが書いた日記「あさりのうみ 2012金環日食!」をご覧ください。

あさりの日記、最後の方の日食連続撮影は、元の画像が「5184 x 3456ピクセル」なのを小さくしてるのでわかりにくいですけど、ちゃんと太陽の黒点3つが見えてます。
ずっと太陽を追いかけて撮影できた事なんて、「赤道儀撮影素晴らしい!!」って感動してしまいました。

夫婦ふたり、貴重な体験をしつつ、充実した良い時間を過ごせたなって感じました。
良かった!

日常生活 on Ephemeral Noteより

サイクルモード2011東京へ

20111106

幕張メッセへ行ってきました! その目的は「サイクルモード2011」。モーターショーの自転車版の様なイベントです。

最新の2012年モデルを、見る事はもちろん、試乗する事だって出来ちゃうこのイベント。
昨年はタイミングが合わなくて行けなかったけど、その分今年はしっかり観て楽しむぞ~。

会場に入ってすぐの所がCOLNAGOブースでした。
そして、いきなりばったり、イタリアから創業者ご本人がトークされている所に出くわしましたよ? ちなみにそのすぐ脇には、新城さんの姿も見えています。
COLNAGOってったら、私の愛車がCOLNAGO ARTEでございます。私にとっては、最も身近なブランドのひとつなんです。

CLX3.0のトップチューブ。ペイントが綺麗CLX3.0のトップチューブ。ペイントが素晴らしいフラグシップモデルC59。ラメが入ってます

とにかく時間いっぱい、あちらこちら回りました。
今回の私の目的は、このサイクルモード最大の魅力である試乗・・ではなく、いろんな物を見る事でした。
緑のパーツ、あさりのサブマシンになりそうなフレーム、興味惹かれるアイテム──素敵な出会いが見つかる事を期待して。

あー、そう言えば!

Tacxを扱うブースで見た12月頃発売予定の、バーエンド型ライトには興味を惹かれました。
それと、パソコン上の自転車コースとローラー台の負荷が連動してるシミュレーションマシンも面白かった! ゲームに入賞できたらデ・ローザのウェアが貰えるって言うので挑戦してみたんですが敢えなく撃墜。むしろ体力を使い果たして、へろっへろになってしまいました。
体力の無さが情けなや~っ。

その DE ROSA。マシンの性能は言うに及ばずなのですが、クロモリフレームのワンポイントが何とも良い感じです。かわいい!

フォーククラウン(フォークの肩部分)のマークが愛らしいDE ROSAフォーククラウンが無くてもDE ROSAのハートマークは健在DE ROSAと言ったらハートマーク

そうそう。今年は女性モデルの展示が多かったです。後でまとめてみようかな?
あさりの2台目の話もあるし。「もし今のロードバイクがお釈迦になっちゃったら、私の体型で乗れる自転車がすぐには手に入らない」って事を心配してます。
150cmの小柄な女性でも乗れる自転車、増えてきてるから、まとめておけばすぐにチェックできるよね。

──サイクルモード、結局試乗は一度もしませんでした。
朝からずっと経ちっぱなしで疲れたけど、楽しかったです!
カタログはいっぱい貰えたし、新商品はたくさん見られたし。
閉館間際で安くなった美味しいお弁当も食べられたし。

今度は、小柄な人用に短いクランクのホローテックIIが発表されるといいな!
(SUGIN○のMighty Mignonももちろん良いのだけど、今の状態からはBB交換が必要で面倒だし)

肉球型のリアLEDライトが発表されるといいな!
(にくきゅう持ってる動物がロゴマークのライトメーカーさん、是非!)

CAT EYE ブースにはぬいぐるみ

趣味/自転車 on Ephemeral Noteより

2011筑波8時間耐久レースinオータム

20111011

秋の筑波8耐2011

3日経ったのに、ふくらはぎの筋肉痛が治りませ~ん(>_<) イタタ・・

え~。10/8(金)、秋の筑波8耐に参加してきました。1周2kmの筑波サーキットを自転車で8時間中何周回れるかを競うレースです。
結果は思わしくなかったけど、怪我はしなかったし、楽しい一日でしたよ!

レース前夜。いつも通り商業用バンのレンタカーを借りて自分たちのロードバイクを詰め込み。22時就寝の3時起床で3時半に出立しました。
早く家を出る理由は受付に早く並ぶ為。甲斐あって、まぁまぁ列の前の方に並ぶ事ができました。
しかし、並んだは良いけど、さすがに薄い長袖一枚じゃ早朝の気温には耐え難かった・・。次回は気をつけねば。ねばねば。

さて今回のトピックス。

その壱。チーム員が集まりにくかった!
──集まればMAX11人が揃う当チームだけど、都合ってなかなかうまく合わないものですね。

その弐。一周目にいきなりパンク! 第一走者のKさんが災難に。
──レース初使用のニューホイールだって喜んでらっしゃったのに何て事! 試走時には何ともなかったのに。
パンクで自転車を降りたKさんは、靴底のペダル固定具が走るのに邪魔だからとシューズを脱ぎ、自転車を引っ張って、裸足で走って、あさりが休んでいたテントまで戻ってきました。ガッツマンです。

その参。私以外にもAVANTI乗ってる人がいた!
──ニュージーランドの自転車メーカー AVANTI。日本ではあまり有名じゃありません。過去見た事はあったけどね。
その数少ない機会に、このレース会場でばっちり遭遇。
ブルーの流れるラインが美しいあれは、今、日本じゃ買えない Quantum 2 かな? かなかな??
(その後、トライアスロンスターターキットっていう一式に、AVANTI Sprint っていうブルーラインのロードバイクがある事を知りました。きっとそれ。)

その四。お疲れ~っと打ち上げ終わって別れたチームの人に、帰途で偶然合流しちゃった!
──レースが終わって打ち上げにいつものラーメン屋さんへ。そこで解散したのだけど。
「あ~、あのふたりはあっち曲がるのね~」「うちらは直進」と、それぞれの車は別々の方向へ別れたのに。
30分後。信号待ちのウチらの目の前には、別れたはずの仲間の車。「猛獣注意」と書かれたウサギのラベルは間違いありません。
こんな偶然、あるんだねぇ。

閑話休題。

今回は練習不足を痛感しました。風避けとなる自転車集団の中にいて楽をしていたにも関わらず、最後のスパートで足の回転を上げる体力が残っていませんでした・・。
前回までは片道10kmの自転車通勤が功を奏して、特別何をしなくても体力があった様です。
でも初夏に転勤があって、再びの電車通勤になってから、そして、オンラインゲームに復帰してそちらに時間を割く様になってからは、土日でさえ満足な練習をしていませんでした。

気温や天気的に走りやすい秋の筑波8耐。
次こそは!!

でもまぁその前に。まずは11月の袖ヶ浦のレースに向けて練習練習。

──筋肉痛が治ってから。

趣味/自転車 on Ephemeral Noteより
«Prev || 1 || Next»